歯科矯正にかかる期間とその費用

表側矯正では2~3年、裏側矯正は3年程度、マウスピース治療の場合には1~2年程度です。部分治療するときには半年~1年程度の治療期間となります。初期費用として6~7万円、矯正装置が10~150万円、通院費用で毎回1,000~10,000万円、その他に矯正治療後の装置や定期健診治療費がかかる場合があります。

東京で歯科矯正ができる歯科医を選ぶ!そのときのポイントとは

no.1

歯科矯正の専門医を選ぶ

歯科医師の免許があれば矯正治療を行えますが、専門知識が必要なため専門的に行っている歯科医を選ぶようにします。

no.2

認定医・専門医・指導医の確認

矯正知識の中でも専門医は技術と知識の高さがあります。専門医でなくても技術が高い医師はいますが、専門医は学会の厳しい審査をクリアしているため安心さの高さがあります。

no.3

検査や治療についてしっかり説明

治療をはじめる前の事前カウンセリングにて、しっかり検査や説明をしてくれるか確認をします。

no.4

費用と時間を明確に説明してくれる

歯科矯正には、費用と時間が一般的な歯科治療よりもかかります。どんな治療方法を行い、治療にかかる費用や時間を明確にしてくれるところを選ぶようにします。

no.5

複数の治療法を選ばせてくれる


方法をひとつにしぼらず、さざまなな矯正方法を提案してくれるところはおすすめです。

口元

ワイヤー方式マウスピース方式などがある

東京都内では、歯の矯正をする人がだんだん多くなって来ました。歯並びが悪いことでコンプレックスを持っていた人などが、進んで綺麗な歯並びを求めるようになっています。矯正する理由としては、歯並びが悪いことで見た目が損をすると言うことだけでなく、内臓などにも悪い影響を与えることがあり、健康不安にも繋がることになるからです。そんな歯の矯正方法には、ワイヤーを使い歯並びを良くすることや、マウスピースを咥えるだけで良いと言う場合もあります。またワイヤーを利用した場合でも、歯の前側で行う場合と裏側だけで処理する方法が考えられます。歯の前面にワイヤーを使用する方法が一般的となっていますが、仕事をしている人などには良い印象を与えることが難しく、マウスピースや裏側だけで行う方法に人気が集まって来ています。ワイヤーを使っての矯正方法は費用が安くなるメリットもありますが、目立ってしまうと言うデメリットも生まれます。

見た目が良くなり健康にも良い

東京都内では歯を矯正する人が多くなっていますが、メリットはたくさん生まれることになります。まず、見た目が良くなることです。歯並びが綺麗になることで、口周辺がスッキリします。大きな口を開けて笑うことに抵抗を感じなくなりますし、手で隠すと言う仕草の必要もありません。女性はお化粧映えすることになり、オシャレを楽しむ生活を出来るようになります。更には歯並びが綺麗になることで、歯を大事にすることが出来ます。今までは歯磨きをしても歯と歯の間に隙間などがあることで、綺麗に掃除をすることが出来ませんでしたが、歯が綺麗に並んだことで、常に綺麗な歯でいることが出来るようになるからです。またしっかり噛むことが出来ることで、胃腸などへの負担が少なくなります。消化器系の内臓に良い影響を与えることになり、健康な体作りが可能です。歯を矯正することは、良いことだらけと言って良いでしょう。

広告募集中